人気ブログランキング |

タグ:登山 ( 32 ) タグの人気記事

富士を求めて

富士を求めて_f0321522_22542270.jpg







年が明けてからもう半月が過ぎましたが、、、


昨年の12月に登った「鉄砲木ノ頭(てっぽうぎのあたま)(明神山)」での写真です^^;




当初、「パノラマ台」という場所の駐車場に停めて30分くらいで登頂〜♪


の予定だったのですが、、、


カーナビの設定に手こずったのと、トイレが我慢できなかったのとで、


急遽、「山中湖交流プラザきらら」の駐車場へ


そのため、そこからパノラマ台までの道のりが加算されることになりました・・・


でも、ここ、山中湖越しに富士山がキレイに見えるし、白鳥もいるし、


なんなら、もう山登んなくてもいいんじゃね?


なんて思えるくらい良い所でした♡






富士を求めて_f0321522_23285662.jpg







そうは言っても、せっかく来たのでねw


登りますよーーー!






富士を求めて_f0321522_23305471.jpg





富士を求めて_f0321522_23311319.jpg







はい、到着ーーー♪






富士を求めて_f0321522_23315868.jpg







やっぱ富士山最高ーーー!






富士を求めて_f0321522_23514320.jpg







富士山の写真ばかり撮らないようにしようと思いながらも、、、


撮らずにはいられないw






富士を求めて_f0321522_23520827.jpg





富士を求めて_f0321522_23530292.jpg





富士を求めて_f0321522_23531687.jpg





富士を求めて_f0321522_23534448.jpg







ススキの穂のキレイな時期にまた来れたらいいなぁ。。。






富士を求めて_f0321522_23535555.jpg







この日は天気に恵まれ、最初から最後まで富士山はずっと姿を見せてくれていました〜♡






富士を求めて_f0321522_00171637.jpg





富士を求めて_f0321522_00172980.jpg







「鉄砲木ノ頭」は気軽にハイキング気分で登れる山なので、とってもオススメ♡


可愛いちびっこ兄弟も登っています^^ ↓








ただし、足元は悪いのでね、靴はハイキング用が良いですよ〜





by R-GreenLife | 2020-01-16 00:43 | 登山

Happy New Year!

Happy New Year!_f0321522_10500441.jpg







お尻を向けてのご挨拶、失礼いたします^^;



昨年は訪問なし、コメントなし、の不義理なブログにも関わらず

ご訪問いただき誠にありがとうございました。

今年も山写真メインの登山ブログになりそうですが、、、

昨年に引き続き、『GreenLife』(るみお&むにお)を

どうぞよろしくお願いいたします。



鉄砲木ノ頭(明神山)にて




by R-GreenLife | 2020-01-01 11:15 | ごあいさつ

晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜

晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_16553895.jpg









翌日、AM4:30に起床






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17050238.jpg







カメラと必要最低限の荷物だけを持ち、出発!






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17054378.jpg







できれば鹿島槍ヶ岳山頂でご来光といきたいところだが、






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17080987.jpg







我々の足では到底ムリなので、






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17091427.jpg







手前の布引山山頂にて日の出を待つことに






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17112362.jpg







しかし、低く垂れ込めた雲に阻まれ、






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17191537.jpg







この日、ご来光を拝むことは叶わなかった・・・






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17205885.jpg







太陽が姿を現したのは






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17343415.jpg







ご来光を諦め、再び歩き始めたとき・・・






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17393634.jpg







そして、辺り全体が明るくなってきた頃






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17421720.jpg







ついに、鹿島槍ヶ岳(南峰)山頂に到着!






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_17434023.jpg
右に鹿島槍ヶ岳北峰、左には五竜岳







爺ヶ岳に登頂したときには、


「鹿島槍まで行かなくても十分かも〜?」


なんて思ったけど、






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_18073054.jpg







登ったら登ったで、さらにその先まで行ってみたくなるっていう・・・w






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_18093620.jpg







ま、日程的にも体力的にも今回はここまでが妥当ということで






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_18283659.jpg







下山しま〜す!






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_18294084.jpg
行きは真っ暗で気づかなかった池塘







さよなら鹿島槍!次は五竜岳から会いに来ます!






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_18295215.jpg







爺ヶ岳には、残雪期か夏にまた来てみたいな






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_18340963.jpg







紅葉真っ盛りの頃も良いかな






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_18322028.jpg
こんな恥ずかしい姿で撮っていたのは↓w







今回はちょいと来るのが遅かったのでね






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_18322907.jpg







さて、そろそろ雲の上から雲の下へと下りるとしましょ






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_18341581.jpg







今回も我々の山行にお付き合いいただき、ありがとうございました^^


この数日後、富士山に初冠雪


我々の山行もしばらくはお休みの予定・・・






晩秋の山々へ 〜鹿島槍ヶ岳〜_f0321522_20501581.jpg







でも、春まで待てないかも〜w





by R-GreenLife | 2019-11-10 20:59 | 登山

晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜

晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_20353936.jpg







10月20日〜21日、北アルプスの爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳(南峰)へ






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_23530419.jpg







目の前に絶えず広がる雲海と、そこに浮かぶ名峰の数々に、終始圧倒される山旅でした!









さて、それではさっそく登山開始〜♪






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21295016.jpg
駐車場から登山口に向かう途中の橋からの眺め♪







最初の目的地「種池山荘」までの道は整備され歩きやすく、


行きは一気に登っちゃった感じだったけど、


距離は意外と長いのでね、帰りは結構キツかった・・・






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21353107.jpg







山荘の外でお昼休憩をとったらすぐに爺ヶ岳へ出発〜






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21381859.jpg







オレンジ色の屋根の「種池山荘」が可愛くてね、


何回も振り返って撮っちゃった♡






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21394250.jpg
種池山荘の後ろには立山と剱岳!







爺ヶ岳、登る前までは鹿島槍ヶ岳に向かうための通過地点くらいにしか思っていなかったけど、






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21494791.jpg







登ってみれば、なかなかどうして






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21514108.jpg
槍ヶ岳ーーー!(我々は親しみを込め「おぼっちゃまくん」と呼んでいるw)







鹿島槍ヶ岳はもう登れなくても良いかも〜?


ってくらい眺望の素晴らしい山だった!






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21531114.jpg







でも、ここはまだ爺ヶ岳(南峰)で、






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21543307.jpg
「種池山荘」がどんどん小さくなってゆく〜







ここからまた爺ヶ岳(中峰)へと向かいます






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21573454.jpg







猫耳のような形の双耳峰(2つの頂きのある山)鹿島槍ヶ岳が見えてきた






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_21593724.jpg







ようやく爺ヶ岳(中峰)に到着ーーー♪






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_22032779.jpg







そして、いよいよ、この日泊まる「冷池山荘」へ






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_22134563.jpg







冷池山荘ね、ずっと見えてたんだけど、、、


全然たどり着かないんだなぁこれが・・・w






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_22135024.jpg







日が傾き始めた頃に、どうにか到着〜






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_22165244.jpg
喫茶室の窓から







夕ご飯までゆっくりしたいところだけど、


夕日を撮りたかったのでね、


喫茶室で少しだけお菓子を食べて休憩したら






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_22205806.jpg







山荘から15分ほど登ったところにあるテント場へ






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_22212491.jpg







眼下には雲海が広がり、その向こうに見えるのは立山連峰と剱岳!


トイレさえ近ければ(トイレは山荘まで15分下らなければならないのである)


最高のテント場なんだけどなぁ・・・w






晩秋の山々へ 〜爺ヶ岳〜_f0321522_22213078.jpg







この日はこれ以上焼けそうもなかったのでね、


この日の撮影はこれにて終了〜


翌朝は、いよいよ鹿島槍ヶ岳へと向かいます!





次回もお付き合いのほどよろしくお願いいたします^^




by R-GreenLife | 2019-11-05 22:57 | 登山

霧中散歩

霧中散歩_f0321522_09423036.jpg












月に照らし出されていた楽園は

翌朝には一変

濃い霧に覆われていた・・・






霧中散歩_f0321522_09534503.jpg







それにしても、山頂部とは思えないほど広大なこの湿地帯は

一体どこまで続いているのだろう・・・






霧中散歩_f0321522_09472827.jpg






このまま進み続けたら異世界へと迷い込んでしまいそうだ・・・






霧中散歩_f0321522_10013493.jpg







と、異世界に連れて行かれる前に






霧中散歩_f0321522_10055736.jpg







さ、帰ろう






霧中散歩_f0321522_10015008.jpg







異世界への入口は






霧中散歩_f0321522_10081962.jpg







下山時にもいくつもあったが、






霧中散歩_f0321522_10114819.jpg







霧中散歩_f0321522_10130038.jpg







どうにか迷い込まずに下りてくることができた






霧中散歩_f0321522_10101677.jpg








今頃は紅葉も進み、また違った姿を見せているだろうな。。。




by R-GreenLife | 2019-10-07 10:53 | 登山

月夜の夢

月夜の夢_f0321522_20074665.jpg











霧に覆われた真っ白な世界から一転

まさに「雲上の楽園」がその姿を現した!






月夜の夢_f0321522_23085011.jpg







1時間ほどいただろうか。。。

いつまでもこの夢のような世界に浸っていたかったのだが、






月夜の夢_f0321522_23053865.jpg







山小屋の就寝時間が迫っていた・・・

朝までこの天気が続くことを願いつつ

その場を後にした・・・






月夜の夢_f0321522_23220183.jpg







そして迎えた朝・・・






月夜の夢_f0321522_23240149.jpg







あれは夢だったのだろうか・・・





月夜の夢_f0321522_23253057.jpg






まだ少しだけ続きます。。。




by R-GreenLife | 2019-10-03 23:34 | 登山

雲上の楽園へ

雲上の楽園へ_f0321522_10124479.jpg






9月の中旬、そろそろ草黄葉が始まってるかも?ってことで、


「雲上の楽園」と称される『苗場山(なえばさん)』に一泊2日で登ってきました!


天気予報は2日とも曇り・・・


しかも、徐々に下り坂とな・・・


さて、それでも山の神様は我々に微笑んでくれるのか?






雲上の楽園へ_f0321522_10231436.jpg






とりあえず、優しい色の朝焼けに迎えられ、気分は上々♪






雲上の楽園へ_f0321522_10282606.jpg






少し仮眠をとり、トイレを済ませ、


いざ、登山スタート!






雲上の楽園へ_f0321522_10325792.jpg
待たせたね^^







しばらくは動いていないリフトの横を通り、その後樹林帯へ


紅葉にはまだ早く、特に見所もなかったため写真は撮らずに黙々と登る。。。






雲上の楽園へ_f0321522_11321198.jpg






ようやく開けてきたので振り向くと、


エメラルドグリーンの「カッサダム」が見えた






雲上の楽園へ_f0321522_11032872.jpg






ここで気づく・・・






雲上の楽園へ_f0321522_11302944.jpg






ダム方面には青空も見えるが、






雲上の楽園へ_f0321522_11380825.jpg






目指す苗場山の山頂には






雲上の楽園へ_f0321522_11393672.jpg






大きなグレーの雲がどっかりと鎮座していることに・・・






雲上の楽園へ_f0321522_11395807.jpg






嫌な予感もするが、、、


最後の急登を登りきったとき






雲上の楽園へ_f0321522_11420379.jpg






そこにはきっと黄金色の美しい湿原大地が広がっている






雲上の楽園へ_f0321522_11435671.jpg







はず・・・






雲上の楽園へ_f0321522_11574768.jpg






日没の時間を過ぎても霧は晴れず・・・






雲上の楽園へ_f0321522_11581361.jpg






このときはもう、すっかり諦めていた






雲上の楽園へ_f0321522_12024007.jpg






が、しか〜し!


小屋に戻って僅か1時間半後


山の神様は、またしても我々に微笑んでくれたのだった!




続く。。。


by R-GreenLife | 2019-10-02 08:33 | 登山

北岳 〜ご来光と富士山〜

北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_19514126.jpg










就寝時刻を過ぎた頃、またしても雨音が聞こえる


夜中2:00トイレのため小屋の外へと出る


雨はまだ降り続けている


明け方4:00起床


雨は・・・


止んでいた!






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_20052405.jpg






4:30過ぎ、北岳山頂を目指し登り始める


が、早くも途中で太陽が顔を出し始めた!






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_20080141.jpg






鳳凰三山の右手、雲の間からのご来光である






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_20112448.jpg






夜中、布団にくるまりながら


「こんな降りじゃぁ、ご来光も北岳登頂もムリだな・・・」


と、正直諦めていたんだ・・・






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_20222724.jpg






「山の神様、ありがとう!」






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_20240915.jpg






標高日本第2位の北岳から






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_20313026.jpg






第一位の富士山を眺める






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_20315825.jpg






「は〜〜〜最高の朝だ」






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_20332880.jpg






さぁて、次は白峰三山(北岳〜間ノ岳〜農鳥岳)を縦走⁉︎






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_21112259.jpg






は、我々にはハードルが高いので〜w






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_21151697.jpg






せめて農鳥岳〜間ノ岳の二山を縦走し、


いつか、間ノ岳方面から北岳の姿をとらえてみたい






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_21161741.jpg






そして、ずっと見守ってくれていた鳳凰三山にも






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_21240121.jpg






いつか登れる日が来るだろうか。。。






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_21241435.jpg






長らくお付き合いいただきました夏の北岳登山


今回で終了です!


見てくださった皆さま、ありがとうございました^^






北岳 〜ご来光と富士山〜_f0321522_21340175.jpg






次はどんな山に出会えるかなぁ〜♪





by R-GreenLife | 2019-09-04 21:58 | 登山

北岳 〜北岳山頂へ?〜

北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_08561983.jpg












北岳登山二日目


夜中中降り続いた雨は朝になっても止むことはなく


窓の外は真っ白な世界






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_09112491.jpg






当初の計画では、この日のうちに北岳山頂を越え、北岳山荘まで行くつもりだった


が、お昼近くなっても止まない雨・・・


雨のなか強行する気はないため、もう一泊ここでお世話になることにした






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_09140871.jpg






2階で布団にもたれ、山岳雑誌を眺める


気持ちは秋の紅葉の山へ。。。


が、1階がなにやらザワつき始めた


時間は15:00を過ぎたくらい


窓の外を見る






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_09422056.jpg






なんと! 霧は晴れ、北岳側には青空がーーー⁉︎


慌てて準備し、登り始める・・・


あれ? 足が重くて上がらない・・・






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_09570443.jpg
前日は雲に隠れて見えなかった仙丈ヶ岳と甲斐駒ケ岳も姿を現した!







すっかりまったりモードになっていたからか?


それとも、標高3000メートル越えの空気の薄さが影響しているのか?


息が上がる・・・






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_09591808.jpg






そんな私を尻目にグングン登ってゆくむにお・・・ちっ!






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_10024906.jpg






やっとこ追いついたその場所から見えたのは






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_10043740.jpg
「ふぇーーーっぃ!』







北岳山頂から間ノ岳へと続く稜線


そして、その間に建つ赤い屋根の可愛いらしい北岳山荘






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_10253571.jpg






今回の山行は、この光景が撮りたくて計画したのだ


その目的は思いがけず果たされた!


さて、小屋の晩ご飯の時間は17:00


私の足では山頂まで行って戻るには時間が足りない・・・


ということで、むにおだけ明日の下見を兼ねて急ぎ登ってくることに






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_10351425.jpg






重たいリュックは小屋に置き身軽なため、あっという間に登頂し戻ってきたw






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_10395117.jpg
斜光をを浴びる甲斐駒ケ岳







どうにか晩ご飯の時間に間に合いそうだ♪






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_10504076.jpg






と、ここで街に降り注ぐ天使の梯子現る。。。






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_11024875.jpg






当然ここでまた下るスピードは落ちる・・・






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_11060827.jpg






でも、間に合ったよw






北岳 〜北岳山頂へ?〜_f0321522_11082137.jpg
夕食後に見つけたお猿さん
こんな標高の高い山でも暮らせるんだね。。。







就寝時間を過ぎた頃、またしても雨音・・・


果たして明日、ご来光を見ることはできるのだろうか・・・





続く。。。


by R-GreenLife | 2019-09-01 12:13 | 登山

北岳 〜肩の小屋を目指して〜

北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_20561242.jpg






お待たせしましたーーー!


令和元年夏、初の登山は富士山の次に標高の高い山『北岳』に登ってきました!






北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_21281422.jpg






山行を予定していた日程の天気予報は


連日「曇りのち霧か雷雨」⁉︎


出発ギリギリまでやめようか、または行き先を変更しようかと悩んだのだが、、、


最終日の小さな⛅️に望みを託し、、、


いざ!出発!






北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_21564612.jpg




北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22184333.jpg






吊り橋を渡り、大樺沢二股を目指して川沿いに進む






北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22193691.jpg


北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22212528.jpg




北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22213944.jpg



北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22240037.jpg




北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22304177.jpg
雪渓が見えてきた




北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22384147.jpg






大樺沢二股からは初心者向けの右股コースを選択






北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22385577.jpg




北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22393864.jpg






振り返ると、霧の中から鳳凰三山!






北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_22480651.jpg






そんな南アルプス北部の山々を背に急登を登りつめると


ようやく小太郎尾根分岐に到着






北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_23024585.jpg






そのまま稜線歩きを楽しみながら小屋にたどり着けるのか、と思いきや、、、


甘かった!






北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_23022105.jpg
鎖が〜




北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_23082153.jpg
必死な私・・・







で、やっと登り終えたその先に、、、






北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_23131968.jpg
むにおの左上に「肩の小屋」が!







我々が小屋に到着した数分後


雨がポツリポツリと降り出した






北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_23411725.jpg




北岳 〜肩の小屋を目指して〜_f0321522_20123092.jpg
夕方、いったん雨は止み、ほんの少しだけ空を赤く染めた







登山初日、一日レインウェアを着て登る覚悟でいたのだが、


この日、それに袖を通すことは一度もなかった


我々は、運が良い。。。




北岳登山、まだまだ続きま〜す♪



【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!


by R-GreenLife | 2019-08-31 00:25 | 登山


日々の出来事、趣味や花の事を、写真と共に綴っています


by rumi*co

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る